セディナ在籍確認ある? レディース安心キャッシングは

セディナ在籍確認ある? レディース安心キャッシングは

セディナ在籍確認ある? レディース安心キャッシングは

在籍確認セディナではある場合が非常に多いです。

 

セディナはもともとは流通系のクレジットカード会社のOMCと大手信販会社のセントラルファイナンス、

 

銀行系の信販会社のクオークの3社が合併してできた信販会社ですので、

 

審査の一環として、勤務先への在籍確認や本人への電話確認があると予想されます。

 

在籍確認セディナでは代替書類の提出で認めることは、あまり例がないので、基本的にあると予想しておいた方がいいでしょう。

 

→ 女性が安心してキャッシングするならプロミスレディース

 

特に勤務してから初めて作るクレジットカードの場合は、まだ信用機関に利用歴がなく、

 

信用状態において低い状態と見られますので、どのカードであっても在籍確認は必須となることが多いです。

 

セディナからの在籍確認は、申込書に勤務先として記載した電話番号にかけてきます。

 

セディナを名乗らずに、個人名で電話をかけてきますので、同僚が電話口に出た場合も在籍確認とはわかりにくくなっています。

 

申込者本人が電話口に出た場合は、セディナの確認の電話ということを話し、

 

生年月日等の簡単な質問をして本人であると確認できます。

 

確認できれば実際にその会社に勤務していることが判明しますので、終了します。

 

最後に今後ともお願いしますというような内容のことを言われれば、

 

最終審査にほぼ通ったことになりますので、問題がなければカードを発行してもらえます。

 

在籍確認の所要時間はほぼ2、3分で済みますので、仕事中に手間取ることもありませんし、難しいことはありません。

 

申込者本人が不在の場合は、電話に出た同僚から、席を外しているとか、

 

今日は休みをとっているというような受け答えがあった時には、たまたま不在だけれども、

 

常時会社勤めをしているということが分かりますので、在籍確認の審査が終了となります。

 

その後に申込者が連絡先に指定した電話番号に連絡を入れ、在籍確認ができたことを告げられます。

 

同僚がうるさく、本人が電話口に出たいと考えるなら、セディナに連絡して、

 

確実に会社にいる時間に電話をかけてもらえるか尋ねてみてもいいでしょう。

 

在籍確認セディナで問題になるのは、在籍確認ができなかった場合です。

 

どうしても在籍確認ができない場合は、

 

セディナから申込者本人の連絡先に在籍確認ができないと電話が入ります。

 

大きな会社の場合、職場の連絡先に代表番号を記載すると申込者の部署まで連絡が行かない場合があります。

 

その際は申込者本人が確実に電話口に出られる内線番号を記載することをおすすめします。

 

また、社員の私用電話を一切取り次がない決まりのある会社の場合は、

 

セディナに相談をしてどのようにしたらよいか相談することをおすすめします。

 

派遣社員の場合は、勤務先に派遣元を記入するため、そちらに電話がかかってきます。

 

事前に派遣元にセディナのクレジットカード申し込みをしたことを伝え、

 

在籍確認の際には在籍していると伝えるようお願いするといいでしょう。

 

派遣元では派遣社員のことを把握するのは難しい場合がありますので、

 

担当の社員に依頼して、その方宛に電話をかけてもらうようにするとセディナ側でも在籍確認がしやすくなります。

 

セディナでは在籍確認をしない場合には、すぐに否決される場合も多く、

 

申込日から5日くらいで書面での案内が届くことが多く見られます。

 

利用歴を照会して信用情報に問題がなさそうな方にだけ在籍確認をすると見られています。

 

審査に通ると、借入限度額等の案内があり、通常1週間前後でセディナのクレジットカードが送付されます。

 

通常のカードを使っていて、2枚目のセディナのクレジットカードを申し込む場合には、

 

セディナでの今までの利用歴を考慮に入れ、審査されますので、

 

利用の仕方に問題がない方は迅速に手続きが行われます。

 

2枚目以降であっても在籍確認は必須となることが多いです。

 

セディナカードローンは女性でも借りれる?お金を借りるのに必要な準備とは

 

セディナカードローンは、三井住友フィナンシャルグループの信販・クレジットカード事業の株式会社が提供している個人向けキャッシングです。

 

20歳以上64歳以下の電話連絡が可能な一定以上の収入がある人を対象としており、アルバイト・パートタイム・自営業者といったサラリーマン以外の人でも利用することが出来ます。ちなみに、利用限度額は1万円〜200万円まで(新規申し込み時は50万円まで)、金利は年18.0%以下というのが基本的な商品内容です。

 

なお、消費者金融やクレジットカード会社などが提供している個人向けキャッシングは、2006年に改正された貸金業法により借入総額は年収の3分の1以内に制限するという総量規制の対象となっています。

 

このために、50万円以上の借入を希望する場合や他社との借入総額が100万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細書などの収入を証明するための書類の提出が必要となります。

 

また、自身では収入を1円も得ていない無職の専業主婦は多くの商品では対象から外されており、審査に申しこむことも出来なくなっています。

 

これは、主婦自身の年収がないということが最大の理由で、2010年に改正貸金業法が完全施行されて以降は、このような状況は顕著となっています。

 

ところが、こんな中にあってセディナカードローンの場合は、専業主婦であっても利用することが可能です。

 

これは、総量規制における例外的事案の配偶者貸し付けに対応しているためです。この配偶者貸し付けとは、配偶者の同意書や婚姻関係を示す書類を提出することにより、配偶者の年収の3分の1まで借り入れを行うことが出来るというものです。

 

さらに、セディナカードローンでは水商売で収入を得ている人も対象としており、性別により不利益を被るという条件設定は行われていません。ただし、年齢さえクリアしていれば誰でも利用できるというわけではなく、学生に関してはサービスを提供する対象から除外しています。

 

なお、セディナカードローンの個人向けキャッシングとしてのもう一つのセールスポイントは、新規借入から7日間が経過するまでは1円も利息が加算されないという無利息サービスを実施していることです。このために、この期間内に使用した金額を全て返済してしまえば、ゼロ金利で利用できるということになります。

 

これにより、他の商品よりもやや高めに設定されている金利によるデメリットを完全に解消できます。

 

こんなセディナカードローンの利用までの流れは、公式サイトの専用フォームからの申し込み→審査→必要書類の提出→承認→ローンカード発送という内容です。ちなみに、審査結果は最短で30分で判明するので、

 

金融機関の営業日で午前11時までに申し込んだ場合は、当日中に振り込みによる融資が可能です。

 

ただし、これはローンカードが届くまでの1回限り利用できるサービスで、本格的な利用は申し込み日の翌日に発送されるカードが手元に届いてからということになります。このために、ある程度時間的に余裕がある状態で申し込むのが適当です。

 

なお、この商品を利用するうえで守らなくてはならないルールは、毎月指定の金額を遅れずに返済するということです。

 

借入残高に応じて最低返済金額が変動する「高スライドリボルビング方式」を採用しており、毎月27日に指定した銀行の口座から自動引き落としとなります。

 

この約定返済を積み重ねていくことにより、信用情報が良化して利用限度額が増額されます。逆に、何度も遅れたりそのまま放置した場合は、遅延や延滞という事故情報として信用情報機関に登録されます。これは、いわゆるブラックリストに載ったという状態で、新規借り入れが出来なくなってしまいます。