パルコカード在籍確認

パルコカード在籍確認が不安なら要チェック!職場に電話されたくない方必見

 

パルコの店頭でよく見かける「パルコカード入会特典」などで、その日にパルコカードに入会すると

 

1000円オフのお買物券がもらえたり魅力的なサービスを広告塔にしているのでそれをきっかけにパルコカードに入会する方も少なくないです。

 

さらに入会金・年会費も永年無料で、新規お申し込みのお客様に対しては1年間パルコでのショッピング利用時のお買い物額が5%オフになったり、

 

パルコで年間10万円以上のご利用があるお客様に対しては翌年のショッピング利用時のお買い物も5%オフになったりなど魅力的な特典があるため

 

特にパルコをよく利用する20代〜30代の若い女性のパルコカードの支持率が高いです。

 

パルコカードを入会する際には基本的に先ほど述べたキャンペーン中の入会か、

 

通常営業時のパルコの店頭カウンターで直々にパルコカードを入会しにいくといった2パターンがあります。

 

クレジットカードを入会するにあたってまっさきに心配になるのが

 

、「審査に通るのか?」「契約時に勤務先などへの在籍確認はあるのか?」という事が気になるかと思います。

 

ここでは果たして「パルコカード在籍確認ある?」についてお話したいと思います。

 

基本的にクレジットカードを入会する際には、「審査の判断要素」として申し込み時に記入した勤務先への在籍確認はあると考えていた方が良いです。

 

しかしいろいろな条件や状況によっては在籍確認なしでもクレジットカード契約が済んでしまうケースもあるので、その状況次第で「在籍確認」の可能性が変動するのです。

 

在籍確認がある場合として一番確立が高のは、クレジットカード自体に初めて入会する方、

 

アルバイトやパートまたは勤務期間が3カ月を満たない方などは在籍確認がほとんどあると思ってよいほど勤務先へ連絡が入る可能性が高いです。

 

これはクレジットカード会社が申込書に記載した個人情報の中からスコアを出し、審査基準をクリアした場合に入会の手続きを完了しクレジットカードを発行する仕組みにあるのです。

 

だから申込書に「勤務地の勤続年数」「正社員・アルバイト」「年収」「住宅ローンや他社のローンの有無」「持ち家・賃貸」などの細かい記載欄があるのは審査基準とみなす材料になるからなのです。

 

例えば持ち家が20点、賃貸12点などとスコアを付けていきますので、勤務年が短かったり、

 

年収がアルバイト程度の収入だったりと最終的に審査スコアの基準に満たしてない場合は在籍確認が入る可能性が高まるのです。

 

逆に言うとこの「スコア特典を基準値に満たすこと=条件をクリアにしていく」と在籍確認の連絡が入る可能性も低くできることにもなるのです。

 

そして意外にも「他社のクレジットカードの契約」があることでクレジットカード会社との信頼関係を築いた経歴にもみなされる場合があります。

 

またパルコカードは「春のキャンペーン」などの季節によって行われている入会特典中にパルコカードを入会した際には広告塔として打ち出していた「1000円オフ」になる特典を受けられるために、入会当日に「仮カード」が発行されます。

 

その仮カードを提示することによってお買い物の特典が受けられるので、仮カードが発行されたから審査が通過s多と勘違いしてしまいがちです。

 

仮カードは悪までも仮カードなので約1週間〜10日間ほどの期間を設けて審査が行われ書類不備があったり、

 

先ほどお話した基準に満たない場合はこの期間に在籍確認が入る場合があります。

 

その際は在籍確認が取れた場合発行手続き完了となり、後日本カードを郵送してくれますし基準に満たしている場合は

 

在籍確認なしでもそのまま1週間〜10日ほどで本カードが郵送されてきます。

 

ですから在籍確認の有無はその時々の状況と条件によって判断されるので

 

一概にパルコカードは在籍確認の有無の判断は言い切れませんが、条件を満たすことで在籍確認の可能性に変動があるのは確かです。

 

 

パルコカードの在籍確認は女性でもされる?審査否決になる人とは

 

キャッシングやカードローンに申し込んで融資を受けるためには、審査をクリアしなければなりません。審査の内容や厳しさはカード会社によって異なるといわれていますが、パルコカードの場合はどうでしょうか。

 

ショッピング系のカードとして大きな人気を誇っているパルコカードは、若い世代をターゲットとしているため、審査はそれほど厳しくないといわれています。安定した収入を得ているのであれば、18歳〜19歳の方でも保護者の承諾を得ることでカードの申し込みが可能となります。

 

当然、フリーターの方や女性・主婦の方の場合も一定基準を満たしていればパルコカードを作ることができるでしょう。

 

通常キャッシングやカードローンの審査では、年齢・収入や信用情報などがチェックされるほか、在籍確認が行われます。審査申込時に記載した勤務先にカード会社が連絡をし、当人が本当にその会社に在籍しているのかどうかを確認するというものです。

 

パルコカードの場合、必ず在籍確認が行われるというわけではなく、審査状況などによって対応が異なっているようです。どのような基準によって在籍確認の有無が決まるのか、その詳細については明らかにされていません。

 

在籍確認が必要と判断された場合には、確認が完了しないとカード発行にいたりませんので、必ず確認が取れるよう勤務先や連絡先を正しく記入する必要があるでしょう。

 

パルコカードの審査で否決になってしまうケースとして、収入が不安定とみなされしまう・すでにクレジットカードを複数所持している、などの場合を挙げることができます。カード会社は融資を行い、返済時に利息を受けることによって利益を得ていますので、きちんと返済をしてくれる人なのかという点を重視して審査を行っています。

 

収入額が少ない、あるいはすでに複数のカード会社から融資を受けているという場合、新たに貸付をすると返済が滞ってしまうのではないか、と見られてしまうのです。

 

またもう一つ重要な点として「過去に返済遅延などのトラブルがないか」ということが挙げられます。クレジットカードを利用して融資を受けた履歴は、個人信用情報機関に保存されており、カード会社が閲覧できるシステムとなっています。新規にカード申込みを受けたカード会社は、その申込者の信用情報について個人信用情報機関で必ずチェックをしているのです。安定した収入を得ており、現時点で他のカード会社から借り入れをしていなという状況であっても、個人信用情報機関に返済遅延等のデータが残っていると、審査を通過するのが難しくなってしまいます。

 

返済の遅延・延滞に関する情報は、延滞が解消された日から1〜5年間程度、信用情報機関に履歴が残り続けるといわれています。収入には問題がないはずなのになぜか審査に落ちてしまうといった場合には、こうしたデータが影響を与えているのかもしれません。

 

過去に延滞などのデータが残っていたとしても、カードの発行が不可能だというわけではないようです。これらの情報と現在の収入、現行で所持しているクレジットカードの数など様々な条件をトータルにチェックして、審査の可否は決定されています。審査に落ちてしまっても、現状で使用していないクレジットカード等を解約して再審査を申込むと、クリアできる可能性があります。

 

再審査を受ける場合は、一回目の審査から半年程度経過してから申込みをすると良いといわれています。短期間のうちに連続してカード審査の申込みをしていると、その履歴をチェックされてしまい、お金に困っているという印象を与えてしまうかもしれません。一度否決されてしまったら、不要なクレジットカードを解約した後、半年以上待ってから再審査に申込みをしましょう。