低い金利がいいなら消費者金融よりも銀行カードローン

低い金利がいいなら消費者金融よりも銀行カードローン

低い金利がいいなら消費者金融よりも銀行カードローン

キャッシングとは借金のことです。

 

キャッシング初心者になると、やはり金利面で気になってしまうでしょう。

 

カードローンを作るときに多くの利用者の本音が金利が安いことではないでしょうか?

 

 

少しでも金利の安いところがいいと思いますよね。

 

どこの消費者金融でお金を借りるといいのかが大事です。

 

 

低金利希望なら、銀行系のカードローンでお金を借りるのがおすすめです。

 

消費者金融の上限金利は大体18パーセント前後で推移しています。

 

銀行系のカードローンでは、消費者金融と比べて上限金利が格段に安く、

 

大体年間で13から14パーセントです。

 

さらに安いところですと上限金利は10パーセントをしたまわることがあります。

 

特に、この上限金利が少ないということは、低額での利用では、

 

適用金利が高いものが適用されやすいものですから少額利用のかたには

 

利用しやすくて素晴らしいものであるといえるのです。

 

ですが、銀行系のカードローンでは、基本的にお金を借りる際の審査が消費者金融よりもちょっと厳しい面があります。

 

そのため、お金が借りられない可能性があります。

 

ですので、審査に通らずお金が借りれないというようなこともありますが、お金が借りれる銀行系カードローン審査を利用してみてください。

 

銀行カードローンは女性でも可能?審査が厳しく即日融資不可のイメージ

 

銀行カードローンの利用は女性の場合だと難しいと考えてしまっている方も多いかもしれませんが、キャッシングは女性であっても問題なく利用することができます。

 

銀行カードローンのなかには女性用ローンが存在しますが、専用のサービスがなくても利用することは可能です。

 

女性だから利用できない、男性だから利用できるといったことはなく、そういったことは完全に誤解であり、主婦であっても条件はみんな同じです。

 

銀行カードローンを利用する条件としてあるのが安定した収入があるかどうかになりますので性別は関係ありません。

 

パートであろうとアルバイトであっても安定した収入があれば問題ないですし、条件に当てはまらなければ男性であっても審査は落ちます。

 

一番重要な審査基準になるは収入になりますから、そこの部分をしっかりとクリアしていれば審査はそれほど厳しくありません。

 

即日融資に対応しているところであれば、その他の属性や在籍確認も含めて全てクリアすることによって即日で利用が可能です。

 

パートやアルバイトでも問題なく利用できますが、正社員と比較すると元々の収入が低く、勤務先や勤続年数などによっては不利になることはあります。

 

しかし、安定的な収入であれば問題ないですし、限度額は低くなってしまいますけど利用することはできるでしょう。

 

専業主婦の場合は自分自身の収入がありませんので原則的に借入をすることができません。

 

特に消費者金融だと年収の3分の1を超える貸し付けができない総量規制がありまして、収入がないと難しいのです。

 

銀行カードローンの場合でも安定した収入がありませんから総量規制の問題がなくても難しいと言えますが、配偶者の収入があれば利用できる可能性があります。

 

銀行カードローンを主婦などの女性が利用する場合ですが、気を付けないといけない部分は複数あります。

 

まず仕事をしていて収入がしっかりあるかどうかになりまして、パートでも問題ありませんが勤続年数が短いと長く働いていない訳ですから、すぐに辞めて収入が無くなるリスクが高いと見られて審査で厳しくなります。

 

多くの金融機関では審査を慎重に行なっており、特にパートやアルバイトだと厳しくチェックしますので収入証明書を用意しておくと良いかもしれません。

 

申告の内容が本当なのかどうかを確認しますので事前に用意しておいた方がスムーズに審査が行われて即日融資がしやすくなります。

 

もし既にクレジットカードを所持している場合ですが、信用情報機関に照会して現在の借入情報を確認されますので事前に利用残高を減らしておいてください。

 

ショッピング枠やキャッシング枠を利用している状態であれば返済が難しい、多重に返済しないといけないから貸すのは難しいと判断されてしまいます。

 

基本的に女性だから男性だからといった問題はなく、自身の収入などによって審査されます。

 

細かい属性条件があり、ポイントで見られることもあるかもしれませんが、それでも第一は収入となりますので、そちらをしっかりと整理しておくのが良いでしょう。

 

女性用ローンは借りやすいといった意見があるかもしれませんが対応してくれるスタッフが女性であったり、相談に乗ってくれたりなどするだけであり、条件自体が大幅に緩くなることはありません。

 

ですから女性用ローンが用意されていなくても何も心配することはありませんし、特別に利用できないと考えない方が良いでしょう。

 

性別は関係なく、できるだけ即日融資をして貰いたい場合は必要な情報を提供してスムーズに審査をして頂いて、在籍確認もありますので上手く対応してください。

 

返済計画を立てて、自分に合った条件で申し込みをすれば、それほど審査は厳しくありません。

 

 

レディースキャッシングで無利息ローン可能?初めてのカードローン

 

「レディースキャッシング」(厳密にはカードローン)というと、中には「女性限定の特別な仕組み、基準などを採用したカードローン」だと思っている人もいるでしょう。

 

しかし、実際には通常のカードローンとほとんど変わらないものでしかなく、強いて挙げるならば「女性が使いやすいように若干配慮されたもの」という程度です。

 

たとえば、対応するスタッフが全員同性(女性)だったり、女性特有の問題の相談ができたりします。

 

しかし、レディースローン以外の状況でも対応するスタッフはほとんどが女性ですし、本人が気にしないのであればさまざまな相談をすることも可能です。要は、名称に「レディース」という文言を使用することで女性が抵抗を感じにくくしているだけであり、商品自体が何か変わったものだというわけではありません。

 

近年流行りのサービスといえば「無利息期間」ですが、このサービスを利用すると一定期間限定で利息を発生させない期間が付与されます。

 

代表的なものでは「初回契約時限定で30日間無利息」というサービスですが、これは初めて契約した顧客限定で利用した金額を約1か月間無利息で利用できるというものです。たとえば、10万円を金利10%で利用する場合、1か月あたりの利息は約1000円弱です。無利息期間を利用することでこの1000円を節約することができます。

 

金額が小さければ効果も小さくなってしまいますが、利用する金額が大きくなればなるほど効果も大きくなります。

 

10万円で1000円であれば100万円で1万円の利息を節約することができるので、非常に大きな違いです。また、例示している金利10%というのは初回契約時に設定される可能性が低い金利なので、実際にはさらに大きな節約が見込めます。

 

女性がカードローンを利用する状況は比較的少ないのですが、たとえば「主婦が旦那に内緒で借り入れをしたい」と思っているような状況が少なくありません。自身も働いている状態ならば何の問題もありませんが、自身が働いていない状態、いわゆる専業主婦の場合はさまざまな問題が発生します。

 

カードローンを利用するためには、各社が設定している基準を満たしたうえで審査をクリア(承認)する必要があります。各社が行う審査は独自の基準で判断するので結果が共通するわけではありませんが、基本的に「自分個人の収入がある」という条件が設定してあるため、専業主婦はこの条件をクリアすることができません。基本条件をクリアできないということは、当然ながら契約することができず借り入れもできない状態です。

 

ところが、レディースキャッシングという商品名を見ると「専業主婦でも契約できるのではないか」と勘違いをしてしまうことが増えます。すでに説明している通り、これはあくまでも名称が女性向けのものになっているだけで具体的な内容は通常の商品とほとんど同じです。つまり、審査基準や最低条件も同じものが設定してあるということになるので、収入がなければ契約できる可能性はありません。

 

もしも同様の状況で借り入れを希望する場合には、「配偶者貸付」という方法を選択することが重要です。カードローン業者は審査申し込みを受けるとすぐに信用情報機関へ情報照会を行います。すると、その事実が情報として蓄積されてしまうため、いわゆる「申し込みブラック」になってしまうリスクが生まれます。この状態になると基本的に契約できる可能性がなくなってしまうので絶対に避けなければいけません。

 

可能性がないにもかかわらずリスクだけを背負う状況を避け、少しでも可能性がある状況でリスクを背負った方がはるかに賢明です。そのためにも、まずはカードローンに関する基本情報を把握しておくようにしましょう。