札幌市生活保護でも金借りれる

札幌市生活保護でも金借りれる所 女性が安心してカードローン作れるのは?

 

最低限の生活を送る事が出来る収入が無い場合、さらに援助してくれる身内や親類がいない場合等は生活保護を受ける事が出来ます。

 

ただ実際にはある程度を持っていたり、車を所有している場合等も生活保護を受ける事は基本的に出来ません。

 

怪我などで働けない場合も適用される事もありますが、人によって許可される場合とそうではない場合があります。

 

基本的にはケースワーカーに問い合わせをする必要があり、その人の判断によって生活保護を受ける事が出来るかどうかが変わって来ます。

 

生活保護を必要とする状態の場合は、その人自身はお金が足りない状態になりやすくなります。

 

勿論節約して行けばある程度の生活を送る事は可能ですが、急な出費があった場合等はその支払が出来ないと言う事も珍しくありません。

 

通常安定した収入がある人の場合、急な出費出困った時等は自分の蓄えを利用するか、キャッシング等を利用する事になります。

 

では、生活保護を受けている人の場合はお金を借りる事が出来るのでしょうか。

 

例えば札幌市生活保護を受けている人の場合、その人が仕事をしていなかったとしても給付金を支給されるので安定した収入を得ている様に見えます。

 

消費者金融の場合は安定した収入がある人と言うのが最低限の条件となるので、給付金でもお金を受け取っているのであれば融資してもらえるのではないかと思う人は実際にいます。

 

生活保護法ではその人が最低限の生活を送る事が出来るように現金や現物支給が行われます。

 

現金の用途が問われる事は有りません。

 

ただ法律によって生活保護を受けている人は節約して生活をする必要があり、その様な生活をしている場合は借金する事自体があり得ないと考えられています。

 

従って借金の返済に給付金を充てる事自体許可されていません。

 

勿論中には生活保護を受けている人でも融資を受ける事が出来る場合があるかもしれません。

 

ヤミ金等がそれに当たりますが、実際に利用するとかなりの高金利が適用されてしまう為にどれだけ返済したとしても完済する事はまず無い為、安易に利用する事は危険です。

 

勿論給付金の用途は前述した通り問われないと言う事になっているので、役所側が調べない限り借金の返済に充てていたとしてもばれてしまう事は無いと言えます。

 

しかし借金の返済をしている事が発覚した時点で生活保護の給付がストップしてしまう為、結果的に自分自身の収入自体が全くない状態になってしまいます。

 

基本的に生活保護を受けている人は銀行や消費者金融を利用して融資を受けてはいけないと言う事になっています。

 

勿論ヤミ金や友人知人等はお金を貸してくれる可能性は有りますが、基本的には節約をして支出を出来るだけ少なくする事が重要です。

 

中に生活保護であったとしても融資してくれると言う宣伝をしてくるところもあるかもしれませんが、

 

安易に利用してしまうとその後の自分の生活が破たんしてしまう可能性は十分ある為、その申し出に安易に乗ってしまう事はとても危険です。

 

ブラックでも融資を受ける事が出来る、生活保護を利用していたとしても大丈夫と言う風にしている所も実際には存在していたり、インターネット上にも様々な情報が飛び交っているのが現状です。

 

しかし本来は生活保護中は借金をする事は出来ないと言う事が大原則となっています。

 

これは地域に関係する事ではなく、全国各地で同じ様になっている為、札幌市生活保護受給者だけが対象となっている話ではありません。

 

急にお金が必要となる事はもしかしたらあるかもしれませんが、そういった場合は借金を利用する事を検討するのではなく、自分自身の収入を作る事を考える、もしくはそうした急な出費に対して配慮してもらう様に相手方にお願いする方が無難です。